おすすめの保湿剤 セラミド

アトピーで市販のセラミド入り保湿剤はどれを使えばいい?

投稿日:2017年8月1日 更新日:

 

今ではセラミドはアトピーにとって

必須の成分と言われるようになってきましたが

保湿剤もたくさんあってどれを使えばいいかわかりませんよね?

 

かといって、セラミドは皮膚科でも

処方してもらえるものではないので

自分でしっかり効果があるものを選ばなければいけません

 

ということで今回はそんな

市販のセラミド入り保湿剤について

どのようなものがいいのかという選び方と

私が実際に使用したおすすめの保湿剤を紹介したいと思います!

 

セラミド入り保湿剤の選び方のポイントは?

 

セラミド入り保湿剤を選ぶときのポイントは1つだけで

それはセラミドの種類に気をつける!ということです

 

どういうことかというと

一口にセラミドと言ってもたくさん種類があって

種類によって保湿力がまったく変わってくるのです

 

では、どんなセラミドを選べばいいかというと

それは『ヒト型セラミド』というセラミドです

 

 

ヒト型セラミドはその名のとおり

人間の体内で作られるセラミドに似せて作ったもので

セラミドの中でも圧倒的な保湿力を誇ります

 

 

これはヒト型セラミドと植物セラミドの

保湿力(角質層の蒸発量の抑制)を示したグラフですが

ヒト型のものと植物のものでは天と地ほどの差があるのが確認できるかと思います

 

ちなみにセラミドはヒト型と植物の他にも

合成セラミドや天然セラミドというものがありますが

ヒト型以外のものは大差がないので気にしなくても大丈夫です!

 

 

ヒト型セラミドの見分け方は?

 

では、どうやってヒト型のものを見分ければいいのかというと

それは保湿剤の成分表を見ればしっかり違いがわかるようになっています!

 

 

http://binkanhada-skincare.net/ceramide-cosme/より引用

 

この画像は実際にヒト型セラミドが配合されている保湿剤の成分表ですが

赤の下線を引いてあるとこにセラミド1やNPなどが

表記されているのが確認できるかと思われます

 

このようにセラミドの後に数字や英語が書かれているものが

ヒト型セラミドになります!

 

ちなみに

植物性セラミドだと「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「植物性セラミド」など

天然セラミドだと「ビオセラミド」「セレブロシド」など

合成セラミドだと「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」など

と表記されているので間違うことはないかと思いますが

ヒト型セラミドがほしい場合はよく確認してみてください

 

おすすめの市販のセラミド入り保湿剤は?

 

そこでわざわざ、自分で選ぶのがめんどくさいという方のためにも

私がおすすめするセラミド入り保湿剤を紹介したいと思います

 

私が使用しているのはシュセラ モイストゲルというものなのですが

この保湿剤の魅力はなんといってもほかに比べて安いんです

 

通常価格は4290円と若干高めに感じるかもしれませんが

ヒト型のセラミドが配合されている保湿剤だと破格の値段だったりします

 

というのもヒト型セラミドは最新の研究で作られ

まだ希少価値が高いため値段もかなり高く

まともに使おうとなると通常なら月に2~3万ほどかかってしまいます

 

それに比べるとこのシュセラモイストゲルはかなり安く

また、ヒト型セラミド配合と謳っていながら少量しか配合されていない保湿剤と違い

しっかりと大量に配合されているのもポイントです

 

シュセラモイストゲルの成分表

 

※セラミド6IIとセラミド3がヒト型セラミドですが

成分表の上のほうに表記されているのが確認できるかと思います

ヒト型セラミド配合と書いてあっても表記しているのが下のほうだと注意が必要です

 

 

 

そしてもう一つ、アトピーのかたにとって気になるのは

塗っても大丈夫なのか?という安全性ですが

シュセラモイストゲルはそこにもかなり力を注いでおり

アトピーや赤ちゃんまでの敏感肌にも対応しています

 

上記に成分表でアレルギーになりうるのはパラベンなのですが

パラベンフリーのものよりはかぶれる確立も低いと思います

 

というのもパラベンとは防腐剤として配合されるのですが

パラベンフリーにすると今度はそれをアルコールで補う保湿剤がほとんどです

 

これは相性にもよりますが、アトピーのかただと

パラベンよりアルコールに反応する方が多いかと思われるので

パラベンフリーのものより安全なのではないかと思われます

 

シュセラモイストゲルに入っているパラベンは

成分表の一番下に書かれているので、かなり少量ですし

重度のアトピーの方でなければ問題はないでしょう

 

※重度のアトピーの方はまず炎症を抑えましょう

参考:アトピー肌への正しい保湿剤の塗り方は?ほとんどの人が間違えている?

 

 

ということで以上の理由より

私はアトピーのかたにシュセラモイストゲルをおすすめします!

 

少し高いのがネックというかたも

定期コースの初回に限り、通常価格の半額の1990円で買うことができ

いつでも解約することができるので一度試してみることをおすすめしますよ!

 

セラミド不足のアトピーのかたには

かなり効果が実感できるかと思います!

 
シュセラ モイストゲル



-おすすめの保湿剤, セラミド
-,

執筆者:

関連記事

ビーソフテンはアトピーにおすすめの保湿剤?使い方や副作用の解説

    病院で処方される保湿剤である ビーソフテンをご存知でしょうか?   前回の記事でヒルドイドは 合わない人も多いというお話をしましたが もし、ヒルドイドがだめだった …

ナチュラルオーケストラがアトピーにおすすめのホホバオイルなわけとは

  前回の記事ではホホバオイルは アトピーにとって様々な効果がある ということを解説させていただきました   しかし、一口にホホバオイルといっても 精製済みのもの未精製のもの そし …

ラノリンオイルはアトピーにおすすめな保湿剤?天然の界面活性剤

    今回紹介する保湿剤はラノリンです!   ラノリンは知らない方も多いかと思いますが 実はいろいろな保湿剤に配合されている成分で 私たちおなじみの ヒルドイドやアズノ …

脂漏性皮膚炎はセラミド不足が原因?オイルを塗ってはいけないわけとは

  脂漏性皮膚炎についてはいくつか 記事をかかせてもらいましたがかなり反響が高いので 今回も脂漏性皮膚炎について語っていきたいともいます!   タイトル通り、脂漏性皮膚炎になる原因 …

アトピーの人が病院で処方される保湿剤の解説!

      アトピーだと食事や洗剤など 肌を守るためになにからなにまで天然の「いいもの」 を使わないといけなかったりします     そのため毎月の出費 …