ワセリン 保湿剤の比較 尿素

アトピーにはワセリンと尿素どっちがいい?比較してみた

投稿日:

 

今回の比較はワセリンと尿素です

 

ワセリンと尿素はどちらも処方剤で

病院で処方されることがある保湿剤ですが

どちらを使えばいいか迷ったことがある方も多いかと思います

 

ということで今回はそんな

ワセリンと尿素の効果や特徴を比較し

アトピーにはどっちの保湿剤を使うべきなのか

ということを解説していきたいと思います!

 

ワセリンとは

 

まず、ワセリンの説明ですが

ワセリンは石油から抽出される天然のオイルです

 

石油から抽出されるときくとなんだか

体に悪いイメージがありますが

石油はもともと植物のプランクトン由来で

そこからさらに不純物を取り除いたもので安心だったりします!

 

そんなワセリンの最大の特徴は

保湿成分が入っていないということです

 

これにはメリットとデメリットがあり

メリットは刺激になりうる成分が入っていないということなので

安全性が高いということです

 

その安全性は保湿剤の中でもトップクラスで

ワセリンでかぶれるなら保湿剤は塗らないほうがいい

といわれるほどでもあります

(もちろん例外もあります。ワセリンで悪化する場合についてはこちらから)

 

デメリットは保湿成分が入っていないので当然ですが

保湿力が低いということです

 

というのもワセリンの保湿作用とは

油分で肌に膜をはり水分を逃がさないようにしているだけで

他の保湿剤と併用して使わないと

乾燥した肌に塗っても意味がなかったりします

 

ワセリンについて詳しくはこちらから

 

尿素とは

 

次に尿素の説明ですが

尿素とは角質層にある保湿成分のことで

ヒアルロン酸などと同じ働きをするものです

 

皮膚科で尿素を処方される場合は

ケラチナミンという保湿剤が多いかと思います

 

ただ、尿素は処方剤のわりに

アレルギー性が高くまた、保湿力も低いので

なかなか処方されることがない保湿剤でもあります

 

それゆえ私もアトピーの方に

あまり尿素はおすすめしていません

 

唯一の特徴を挙げるとするならば

尿素にはピーリング作用という

肌のターンオーバーを早める効果があるのですが

 

アトピーの方はターンオーバーが早まっている傾向があるので

実はこれも逆効果だったりします

 

尿素に関して詳しくはこちらから

 

ワセリンと尿素の比較

 

そんなワセリンと尿素の比較ですが

保湿に関しては低いといっても保湿成分が入っていないワセリンよりは

当然、尿素のほうが上です

 

ただし、水分を閉じ込める能力はワセリンのほうが高いので

あまり尿素はおすすめしていますが

尿素とワセリンを併用することで

お互いの保湿力を高めることはできます

 

安全性に関してはアレルギー性がたかい尿素は論外で

当然、ワセリンのほうが優れています

 

 

 

おすすめの保湿剤はこちらから

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

-ワセリン, 保湿剤の比較, 尿素
-, , ,

執筆者:

関連記事

ワセリンでアトピーが悪化した!?ワセリンの安全性とは?

  ワセリンを使ってアトピーが悪化したことはありませんか?   ワセリンは保湿成分が入っていないので 保湿力はありませんが、その分アレルギーを起こす心配もなく 保湿剤の中でもトップ …

アトピーにはヒルドイドと尿素どっちがいい?比較してみた

    今回の比較はヒルドイドと尿素です   ヒルドイドと尿素はどちらも保険が適用されていて 皮膚科にいくと処方される可能性がある保湿剤です   当記事ではそん …

アトピーには馬油とヒルドイドどっちがおすすめ?比較してみた

    先日、アトピーで馬油とヒルドイドで使う 保湿剤を迷っているという相談を受けました   馬油もヒルドイドもどちらも浸透力が高く 血行作用がある保湿剤なので どっちに …

アトピーにはホホバオイルとワセリンのどっちがおすすめ?比較してみた

  今回はホホバオイルとワセリンの比較です!   ホホバオイルとワセリンはどちらも 安全性に定評があることで有名ですが アトピーのかたにはどちらがおすすめなのでしょうか &nbsp …

アトピーには亜麻仁油とホホバオイルのどっちがいい?比較してみた

  今回の比較は亜麻仁油とホホバオイルです!   亜麻仁油とホホバオイルはどちらも 花や実から取れる植物オイルですが 具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?   そ …