皮膚の仕組み セラミド

脂漏性皮膚炎はセラミド不足が原因?オイルを塗ってはいけないわけとは

投稿日:

 

脂漏性皮膚炎についてはいくつか

記事をかかせてもらいましたがかなり反響が高いので

今回も脂漏性皮膚炎について語っていきたいともいます!

 

タイトル通り、脂漏性皮膚炎になる原因とは一つで

セラミド不足によって引き起こされるものです

 

アトピーの人はこのセラミドが圧倒的に足りてないので

脂漏性皮膚炎になる可能性も高いのですが

 

今回は、なぜセラミド不足で脂漏性皮膚炎になってしまうのか?

脂漏性皮膚炎で塗ってはいけない保湿剤などを

解説していきたいと思います

 

脂漏性皮膚炎とは?

 

まず、脂漏性皮膚炎とはなんなのかというと

簡単に言えば皮脂(肌の油)が過剰になりすぎて

カビ(マラセチア菌)が活性化して炎症を起こす病気のことです

 

アトピーとほとんど見分けが付かなく

皮膚科でもよく誤診でステロイドを処方され

逆に悪化してしまうということがよくあります

 

見分けかたとしては

・ステロイドやプロトピックが効かない

(一時的によくなってもあとからぶり返す)

・皮脂の出やすいおでこ、お鼻の周り、耳の裏に炎症が出る

・湿気や油がエサなので、お風呂で悪化したり

油物を食べたりすると痒くなったりする

 

このあたりに当てはまると

脂漏性皮膚炎の可能性を疑がったほうがいいです

 

ちなみに脂漏性皮膚炎のときに油分強い保湿剤

例えば、馬油だったりワセリンなどを塗ると

皮脂過剰に拍車をかけ悪化するので

気をつけるようにしましょう!

 

乾燥肌なのに脂漏性皮膚炎になるのはなぜ?

 

脂漏性皮膚炎の原因は

皮脂の過剰分泌によるカビの活性化でしたが

 

自分は乾燥肌だから違うかな?

と思う方も多いかと思います

 

たしかに、アトピーの方の多くは乾燥肌で

普段は皮脂がでにくいのですが

ある条件化にて乾燥肌でも皮脂が出やすくなります

 

その条件とは「肌の炎症の治りかけ」のときです

 

というの炎症の治りかけの肌とは

角質層を構成する成分である

皮脂(油)、天然保湿因子(水分)、細胞間脂質(セラミド)

これらがどれも0の状態です

 

角質層とは肌をほこりやダニなどのアレルゲンから守る

皮膚バリアにあたいする層なので

これがないとすぐアレルギーで炎症を起こしてしまようになります

 

なので炎症の治りかけとは、再燃を防ぐため

皮膚バリアを作ろうと一生懸命

皮脂と天然保湿因子と細胞間脂質を作るのですが

天然保湿因子と細胞間脂質は作られるのが遅いため

皮脂ばかり過剰に出るようになってしまうのです

 

 

 

ちなみにこのような現象をインナードライといい

脂漏性皮膚炎はこのインナードライによって起こります

 

そもそもセラミド不足が原因?

 

セラミドとは先ほど説明した

角質層の細胞間脂質の50%を占める成分ですが

保湿成分を蒸発しないように肌に保持する役目をします

 

 

 

この成分がないと保湿成分がすべて逃げてしまうので

皮膚バリアを作りには一番大切な成分といえますが

アトピーの方はセラミドが足りていないため

すぐに炎症を起こしてしまいます

 

アトピーだけではなく脂漏性皮膚炎になるのも

セラミド不足により皮膚バリアを作ることができないために

インナードライになり皮脂が過剰になっているからです

 

 

なので、アトピーや脂漏性皮膚炎を治すためにも

セラミドを摂取する必要があるわけで

それほどアトピーのかたにとって重要な成分になります

 

まとめ

 

ということで今回は

脂漏性皮膚炎とセラミドの関係について

解説させていただきました

 

脂漏性皮膚炎の治し方は

こちらで詳しく書きましたのでご参照ください

アトピーの赤ら顔の原因である脂漏性皮膚炎の治し方!

 

 

 

-皮膚の仕組み, セラミド
-, ,

執筆者:

関連記事

アトピーの乾燥肌をしっかり保湿するためには皮膚の仕組みを知ろう!

      アトピーという病気は 何らかの原因によって皮膚から炎症を起こす病気ですが その原因は人それぞれ違うといわれています   それゆえに、ひとつのやり方で …

アトピーの痒みの原因である黄色ブドウ球菌について知ろう!

  今回はアトピーを治すために アトピーの痒みの原因である 黄色ブドウ球菌というもの解説しようと思います!   黄色ブドウ球菌なんて知らない方も多いかと思いますが 最新の研究でアト …

アトピーで市販のセラミド入り保湿剤はどれを使えばいい?

  今ではセラミドはアトピーにとって 必須の成分と言われるようになってきましたが 保湿剤もたくさんあってどれを使えばいいかわかりませんよね?   かといって、セラミドは皮膚科でも …

セラミドが減少する原因とは?加齢によってセラミドは減っていく?

  セラミドは肌の保湿の大半を占め アトピーの方に最も必要な成分と言えますが   普段の生活でも知識がないと気づかないところで セラミドを減らす行為をとってしまっていたりします ( …

アトピーの人がコラーゲンやヒアルロン酸よりセラミドをとるべきわけとは

  アトピーの乾燥肌を治そうと コラーゲンやヒアルロン酸を取ろうとする方は多いですが 実はそれらの成分の前にセラミドを取らなければ 意味がなかったりします!   まだ、セラミドはコ …