処方剤

アトピーでセラミドの保湿剤は皮膚科で処方される?

投稿日:2017年4月26日 更新日:

 

アトピーの乾燥肌に最も重宝される

セラミドですが皮膚科で処方されることはなかったりします

 

セラミドの重要性とは科学的にも証明されていて

医師もそれを知っている方がほとんどだと思いますが

なぜ皮膚科ではセラミドが処方されないのでしょうか?

 

今回はそんな皮膚科での処方剤のことについて

少し語っていこうかと思います

 

処方剤とは実は3種類しかない?

 

セラミドは皮膚科で処方されることはありませんが

そもそも処方剤とは3種類しかなっかったりします

 

・ワセリン(プロペト、サンホワイト)

・ヘパリン類似物質(ヒルドイド、ビーソフテンなど)

・尿素(ケラチナミンなど)

 

アトピーで処方される保湿剤とは

この3種類のどれかになります

 

ちなみにこの中で一番保湿力が高く

人気もあるのがヘパリン類似物質であるヒルドイドで

アトピーで最も処方される確立がたかいです

 

ただ、そんなヒルドイドも処方剤だからといって

気軽に使えるわけではなく

実はアレルギー性が高く悪化の可能性もあるので

注意して使わなければならないものだったりします

 

処方剤に関して詳しくはコチラから

アトピーの人が病院で処方される保湿剤の解説!

 

皮膚科でセラミドが処方されないのはなぜ?

 

ではなぜ処方剤が3種類しかなく

セラミドが処方されないのかということですが

最大の理由は、セラミドの値段が”高い”からです

 

というのもセラミドってかなり希少価値があって

値段も高く保険が適用されないんですよね

なんでもセラミドを処方すると赤字になるだとか

 

特にセラミドのなかにも種類があって

一番保湿力があるヒト型セラミドは

50gで1万もするものもあり庶民には手が出せなかったりします

 

セラミドの種類についてはコチラから

アトピーでセラミドを取るならヒト型セラミドの保湿剤にすべきとは?

 

ヒルドイドとセラミドでどっちのほうがおすすめ?

 

では処方剤の人気ナンバーワンのヒルドイドと

市販の保湿剤のセラミドはどっちを使えばいいのかというと

私は圧倒的にセラミドのほうをおすすめします!

 

セラミドとヒルドイドの保湿力を比較した実験があるのですが

セラミドは一番保湿力のあるものでなくても

ヒルドイドよりアトピー改善に効果があるということが証明されています

 

なので是非、アトピーの乾燥肌を改善させたい場合は

処方剤より少し高くはなりますが

セラミドの入りの保湿剤を選ぶことをおすすめします!

 

おすすめのセラミド入り保湿剤はコチラから!

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

-処方剤
-, , ,

執筆者:

関連記事

アトピーに尿素を使うと悪化する?尿素がおすすめできないわけとは

      尿素でアトピーが悪化したことはありませんか?   尿素は病院でも処方される保湿剤なので 安心できるものと思いきや、実はかなり使いどころが難しく アト …

ステロイド外用剤の正しい塗り方!これを守ればもう恐くない!

  あなたはステロイドの正しい塗り方を知っていますか?   私もそうだったのですが アトピーのかたは医者からたいした説明もされず ステロイドを処方され酷い目にあった人が多く ステロ …

アトピーの人が病院で処方される保湿剤の解説!

      アトピーだと食事や洗剤など 肌を守るためになにからなにまで天然の「いいもの」 を使わないといけなかったりします     そのため毎月の出費 …

アトピーの保湿剤は市販のものと処方剤のどっちがおすすめ?

  最近は、よく 「皮膚科で処方される保湿剤を使用しているのですが あまり合わないので市販の保湿剤に変えたほうがいいですか?」   といった趣旨の質問をいただくことが多いです &n …

アトピーの赤ちゃんに病院で処方される保湿剤でおすすめのものは?

    赤ちゃんができるとたくさんの出費があるので 保湿剤もできるだけ保険が適用されていて 病院で処方されるものを使いたいものです   しかし、病院で処方されるもの 安全 …