皮膚の仕組み

アトピーの人がコラーゲンやヒアルロン酸よりセラミドをとるべきわけとは

投稿日:

 

アトピーの乾燥肌を治そうと

コラーゲンやヒアルロン酸を取ろうとする方は多いですが

実はそれらの成分の前にセラミドを取らなければ

意味がなかったりします!

 

まだ、セラミドはコラーゲンやヒアルロン酸のように

メジャーな成分ではありませんが

すぐ肌が乾燥してしまう人にとっては

もっとも重要な成分といえます!

 

ということで今回はそんなセラミドについて

コラーゲンやヒアルロン酸などの関係も含めて

解説していきたいと思います!

 

セラミドとは?

 

セラミドとはどんなものなのかというと

簡単にいってしまえば肌の保湿の大半を担う成分で

角質層の細胞間脂質の50%を占めます

 

セラミドの働きは主に

肌の水分をせきとめる役割をするのですが

イメージとしては「セメント」が近いかもしれません

 

このセラミドはアトピーの人はほぼ全員が足りていない

といわれていてセラミドが足りてないと

皮膚バリアが形成できないため

乾燥肌になってしまったり、スカスカの肌から

ほこりやダニなどのアレルゲンが入り炎症を起こしてしまいます!

 

 

セラミドがないと保湿をしても意味がない!?

 

冒頭でもセラミドがないとコラーゲンやヒアルロン酸を

塗っても意味がないといいました

 

ヒアルロン酸やコラーゲンはもちろん

アトピーの方にとって必要な成分ではありますが

セラミドはこれらの保湿成分を保持する役割をしているため

セラミド不足の肌だとこれらが維持できないのです

 

アトピーのかたなら一度は経験があるかと思いますが

お風呂上りにすぐに保湿剤を塗っても

すぐに乾燥してしまい元通りのカサカサ肌になってしまいます

 

これはセラミドが足りていないために

保湿成分をせき止められず、蒸発してしまっているからなのです

 

 

セラミドは加齢で減るのが早い

 

そしてもう一つ、ヒアルロン酸やコラーゲンより

セラミドを先にとるべき理由として

加齢で減るのが早いということがあげられます!

 

というのもコラーゲンやヒアルロン酸はだいたい

30代後半から急激に減り始めるのにたいして

セラミドは0歳をピークに30代には半分になってしまいます

 

 

もちろんアトピーのかたはヒアルロン酸やコラーゲンなどの

保湿成分も足りていないことは事実なのですが

先にセラミドを摂取しなければ、これらは生成されませn

 

セラミドは加齢とともに減っていくのにたいして

コラーゲンやヒアルロン酸は40代以降までなら

セラミドを増やし、肌の代謝をよくすることによって

自分で生成することができます!

 

まとめ

 

ということで今回は

セラミドの重要性について解説させていただきました

 

保湿剤の効果をしっかり発揮するためにも

まずはセラミドを摂取して保湿成分が

生成できる健康な肌を作れるようにしましょう!

 

おすすめのセラミド入り保湿剤はこちら

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

-皮膚の仕組み
-, , ,

執筆者:

関連記事

アトピー肌を保湿するにはセラミドが必要なわけとは?

photo by anrentuku.com     ではさっそく前回の続きから書かせていただきます! (前回の記事はコチラから)     前回の内容を簡単にま …

アトピーでセラミドを取るならヒト型セラミドの保湿剤にすべきとは?

  セラミドは肌の保湿の大半を担い アトピーの方が最も不足されている成分ですが そんなセラミドにも種類があるのをご存知でしょうか?   特に保湿剤でセラミドを摂取する場合は どのセ …

アトピーの痒みの原因である黄色ブドウ球菌について知ろう!

  今回はアトピーを治すために アトピーの痒みの原因である 黄色ブドウ球菌というもの解説しようと思います!   黄色ブドウ球菌なんて知らない方も多いかと思いますが 最新の研究でアト …

セラミドでアトピーは完治する?アトピーの原因とは

  このブログを始めてから 「セラミドでアトピーは完治しますか?」 という質問を多くいただきました   これは結論からいってしまうと セラミドでアトピーが治るかどうかは なにが原因 …

アトピー肌を治すために知っておきたい4つの保湿成分とは?

    アトピーは現代では難病と言われていて 原因になっていることも一人一人違う と言われています   しかし、そんなアトピーにも共通することはあって それはアトピーの人 …