顔の赤み

アトピーの顔の赤みは脂漏性皮膚炎が原因!?ステロイドでは治らない?

投稿日:2017年4月9日 更新日:

 

アトピーの顔の赤みについての記事は

以前にも書いたことがあるのですが

(前回の記事はコチラ

保湿剤はアトピーの赤みに効く?アトピーの赤ら顔の治し方

 

今回は以前の方法では治らない

脂漏性皮膚炎の治し方について語ろうと思います!

 

前回の方法ではステロイドやプロトピックを使うのですが

もし、ステロイドなどを塗っても顔の赤みが取れなかったり

逆に悪化した場合は、この脂漏性皮膚炎である可能性が高いです

 

ということで今回はそんな顔の赤みを治すべく

脂漏性皮膚炎についての解説と

治し方を紹介していきたいと思います!

 

アトピーの顔の赤みの原因である脂漏性皮膚炎とは?

 

脂漏性皮膚炎ってなんなんだという話なんですが

簡単に言ってしまえばカビによる感染症のようなものです

 

正確に言えば感染症ではないのですが

カビなどの菌によって引き起こされるのは間違いないです!

 

なのでアトピーの顔の赤みと違って

ステロイドやプロトピックが効かなかったりします

(※ステロイドはカビのエサなので逆に増殖させてしまいます)

 

実際、アトピーの顔の赤みとはほとんど見分けが付かないので

皮膚科で誤診されてステロイドを出されたはいいものの

逆に悪化してしまうということも少なくありません

 

※これが脂漏性皮膚炎の症状です

https://www.bihakuskincarenavi.com/article/seborrhoeic-dermatitis_skincare.htmlより引用

http://ameblo.jp/aoyamahihuka/entry-12165958804.htmlより引用

 

脂漏性皮膚炎のメカニズムは?

 

そんな脂漏性皮膚炎とはどのような

仕組みで発症しているのか少し解説したいと思います

※治し方だけ知りたいという方は飛ばしちゃってください

 

まず、脂漏性皮膚炎になってしまう原因とは

皮脂が過剰に分泌してしまうことにあります

 

つまり簡単にいってしまえば油のですぎですね!

 

じゃあ、私は乾燥肌だから違うな

と思うかもしれませんが実は乾燥肌でも

脂漏性皮膚炎になったりします

 

確かにアトピーの肌は乾燥していて

普段は皮脂が出にくいのですが

ある一定の条件化で、過剰に皮脂がでてしまう時があるのです

 

ちなみに脂漏性皮膚炎は

皮脂が出やすいおでこや鼻の周り、耳の裏などに発症しやすいです

 

http://www.oki-hifuka.jp/original16.htmlより引用

 

セラミド不足だと皮脂が過剰になる!?

乾燥肌でも皮脂が過剰に分泌される場合とは

セラミドが不足しているからです

 

アトピーの炎症の治りかけなんかは

セラミド不足で、しかも皮脂が出やすい条件になるので

脂漏性皮膚炎になってしまう場合も多いですね

 

セラミドとは簡単に言ってしまえば

肌の保湿の80%を担い

水分の蒸発を止める役割をする成分です

(セラミドについて詳しくはコチラから)

 

セラミドが不足すると皮脂が過剰に分泌されるわけとは?

この成分が不足するとなぜ

皮脂が分泌するようになるのかというと

それは肌の防衛機能が関係しています!

 

というのも先ほど言ったとおりセラミドとは

保湿の8割を担い肌にとってかなり重要な成分でして

これが不足すると乾燥肌になってしまうんですよね

 

乾燥肌になるということはすなわち

皮膚バリアが壊れてしまっているわけですが

皮膚バリアがないと外からのアレルゲン(ダニやホコリ)などの

侵入を許してしまうようなります

人間の体はこの異物の侵入を何とか防ごうとし

早く皮膚バリアを作ろうとするのですが

そんなにすぐ出来るものではないので

(肌ができるまで28日かかると言われている)

応急処置として皮脂を過剰に分泌させて肌を守ろうとする

というわけなのです

 

これはインナードライ肌といって

水分がないスカスカの肌になることによって起きる現象です!

 

http://xn--ecka4id0n6b6ct415b7s3avbb959b.com/より引用

 

 

皮脂が過剰になると炎症が起きるのはなぜ?

 

皮脂が過剰になる原因が

分かっていただけたかと思いますが

実際に問題なのはここで

 

どうして皮脂が過剰になると炎症が起きるかですよね?

 

今まで皮脂を悪者扱いしてきましたが

本来皮脂は保湿をしたり、菌の繁殖を防いだり

外からの異物から守ったりと

絶対になくてはいけない存在だったりします

 

それが過剰に分泌するとなぜ良くないかというと

それは肌に元々存在している

マラセチア菌(カビ)のエサになって

カビだらけの肌になってしまうからなのです!

 

 

 

このマラセチア菌は先ほど言ったとおり

誰しもが常に持っている菌なのですが過剰に増えすぎると

皮脂に含まれるトリグリセリドを分解し炎症の原因になる遊離脂肪酸に

変えてしまうことが原因だったりします

 

まとめ

 

ということで今回は

脂漏性皮膚炎についての解説をさせていただきました

 

治し方については書いてたら思いのほか

記事が長くなってしまったので分けようと思います

 

書き終わり次第追加しようと思うので

よろしくおねがいします!

 

(追記:書き終わりました

脂漏性皮膚炎の治し方はコチラから)

アトピーの赤ら顔の原因である脂漏性皮膚炎の治し方!

-顔の赤み
-, , ,

執筆者:

関連記事

アトピーの赤ら顔の原因である脂漏性皮膚炎の治し方!

  さっそく前回の続きで、脂漏性皮膚炎の治し方について 徹底的に解説していきたいと思います!   赤ら顔の治し方でここにたどり着いた方は まず、こっち記事の方法を試してみてダメだっ …

保湿剤はアトピーの赤みに効く?アトピーの赤ら顔の治し方

  アトピー特有の顔の赤みに困っていませんか?   アトピーだと猛烈なかゆみや引っか傷のいたみより 顔の乾燥など赤みのほうが地味に辛かったりします   そんな顔の赤みも保湿剤で治っ …