保湿剤の塗り方

アトピー肌への正しい保湿剤の塗り方は?ほとんどの人が間違えている?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

 

前回はステロイドの塗り方について

解説させていただきましたが今回は保湿剤です!

 

 

私たちが毎日使っている保湿剤ですが

意外と正しい塗り方は知らなかったりしますよね

 

保湿剤もステロイドと同じで

アトピーに必須なものではありますが

正しい使いかたをしらないと

充分に効果を発揮できなかったり

逆にアトピーを悪化させたりしてしまいます

 

それほど保湿剤の塗り方は大切で

アトピーを本気で治そうと思ったら

保湿剤塗りのプロにならなければなりません!

 

 

ということで今回はそんな保湿剤の

正しい塗り方について解説していきたいと思います!

 

 

どうして保湿剤を塗るの?

アトピーについて調べていると肌断食や脱保湿など

保湿剤は塗らないほうがいいということを

よく目にするかと思います

 

しかし保湿剤はアトピー肌にとって

大切な役割を持っているので

基本的に塗ったほうがいいです

(※塗らないほうがいいときもあるので

それは後に説明します)

 

というのもアトピーに対しての

保湿剤の役割は3つあって

 

1、角質層を形成し乾燥肌を防ぐ

2、乾燥肌による痒みを防ぐ

3、ステロイドの副作用を軽減

 

これらの効果があり

脱保湿をしてしまうと結構危険だったりします

 

それでは一つ一つ詳しく解説したいと思います

塗り方だけ知りたいという方は飛ばしてしまって結構です!

 

 

1、質層を形成し乾燥肌を防ぐ

 

角質層とは簡単に言ってしまえば肌を保湿するところ

この角質層がぼろぼろだと皮膚バリアが壊れ

肌の水分が蒸発してしまい乾燥肌になったり

スカスカの肌からホコリやダニなどのアレルゲンが侵入し

炎症を起こしたり感染症になってしまいます

 

その角質層とは

皮脂(油)、天然保湿因子(水分)、細胞間脂質(セメント)

これらの3つで成り立っていますが

保湿剤でこれらを補給することができます!

 

また、アトピーの人は

細胞間脂質の半分を占める「セラミド

という成分が普通の人より圧倒的に足りていません

 

なのでアトピーの人は

このセラミド入りの保湿剤を使うことによって

劇的に乾燥肌が改善してしまいます

 

セラミドの詳しい説明はコチラから

 

 

2、乾燥肌による痒みを防ぐ

 

乾燥肌になると肌ってかゆくなりますよね?

あれにはしっかり仕組みがあったりします

 

なぜ乾燥肌になるとかゆいのかというと

乾燥肌になって皮膚が壊れると

かゆみ神経(c繊維)というものが

皮膚の下のほうからにょろにょろと伸びてきて

マスト菌を刺激するからなのです!

 

こんな感じに真皮から痒み神経が伸びてきます

 

このかゆみ神経は皮膚が正常だと

ゆるやかに戻っていくということがわかっているので

保湿剤を塗り乾燥肌を保湿することによって

痒みを防ぐことができるのです!

 

※炎症によるかゆみは痒み神経とはまた別です

 

 

3、ステロイドの副作用を軽減

 

ステロイドは基本的に皮膚を治すものですが

ご存知のとおり副作用もあります

 

 

その副作用は皮膚萎縮といって

ステロイドを使うとプロテアーゼを増幅させてしまい

皮膚バリア(角質層)を壊してしまうのです

 

プロテアーゼとはなんなのかというと

タンパク質を分解する酵素の一つで

角質層をはがす役割をもっています

 

本来は必要なものなのですが

増えすぎても身を削ってしまいます

 

そこで保湿剤と併用すると

保湿剤の成分に含まれているヘパリン類似物質が

プロテアーゼの働きを抑制してくれるのです

 

 

保湿剤を塗ってはいけないときは?

そんなアトピーによって

様々な効果を発揮する保湿剤ですが

もちろん塗っていけないときもあります

 

それは肌に炎症を起こしている部分です

 

ただ一概に炎症といっても

粉吹きからジュクジュクした化膿まで

ピンからキリなので判断が難しいんですよね

 

粉吹き程度なら保湿剤のなかでも安全性が高い

馬油やホホバオイルなどのオイルタイプのものをおすすめできますが

大きな炎症にはほんとに無害なワセリンなどなら

使ってもいいかと思います

 

※これも炎症ですがこれくらいなら塗っても大丈夫です

 

 

それとそのときは保湿剤だけでなく

抗炎症作用がある薬(ステロイドなど)と

併用して塗ることをおすすめします!

 

つまりは脱ステしている最中とは

保湿剤は使わないほうがいいんですよね

脱ステと脱保湿を一緒に行うのはそのためです

 

まぁ、脱ステ中でも保湿剤を塗ったほうが

早く治るパターンもあるのですが

それはまた別の記事で詳しく書こうと思います

 

 

 

あとオイルタイプのほかに

クリームやローション系の保湿剤の中でも

敏感肌用と謳っているものもありますが

それは名ばかりで刺激物のオンパレードなので

相当肌の調子がいいとき意外は使わないようにしましょう!

 

 

保湿剤とステロイドどっちを先に塗ればいい?

 

さて、炎症部分には

保湿剤とステロイドを併用することを推奨しましたが

どっちを先に塗っていいか迷ってしまいますよね

 

私もそうで最初のころは適当に塗ってました(笑)

 

 

結論から言うと

どっちを先に塗ればいいかは

状況によって変わってきます

 

というのも保湿剤とステロイドの塗る順番で

肌への吸収率が変わってくるのです

 

つまりは炎症の少ない部分に先にステロイドを塗ると

健康な肌にまで吸収されて副作用のリスクがちょっと上がるのです

 

逆に炎症の大きい部分に先にオイルタイプの保湿剤を塗ってしまうと

ステロイドの吸収率が悪くなり非効率だったりします

 

特に気をつけたいのが入浴後で

入浴後はお湯によって角質層がごっぞりおちていて

吸収率が10倍ほど高まるといわれています

 

 

その際にはご自分の感覚でいいので

吸収率や炎症の度合いなどを考えて

塗る順番を変えるようにしましょう!

 

 

(※ステロイドは外用剤でも副作用がありますが

正しい塗り方をすれば避けることができるので

ステロイドを使用する際はコチラの記事を

一読することをおすすめします

ステロイド外用剤の正しい塗り方!これを守ればもう恐くない!

 

 

保湿剤を塗るときのポイント!

 

さて、最後に保湿剤を塗るときのポイントですが

基本はケチらずにたっぷり塗ることです!

 

もったいないからとって少ししか塗らないと

保湿力も当然落ちてしまいます

 

https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/sukoyaka/43/medical/medical03.htmlより引用

 

このように刷り込まずに

伸ばすように塗るのもポイントですね!

 

あとは朝と夜とで1日2回塗ることも大事です

一日に何回も保湿剤を塗っても意味はないですが

2回までなら保湿力は2倍違うといわれています

 

http://www.maruho.co.jp/medical/academic/infostore/rvcck40000000649-att/vol03_05.pdfより引用

 

 

ちなみに朝起きたとは雑菌が繁殖しているので

顔を石鹸で洗い消毒することが大切です!

(※朝起きたとき異様に痒いのはこのせいです)

 

お湯でも汚れは落ちますが

黄色ブドウ球菌やカビなどは

お湯ではなかなか落ちませんので!

(※黄色ブドウ球菌とはアトピーの痒みの元といわれている菌です

詳しくはコチラからアトピーの痒みの原因である黄色ブドウ球菌について知ろう!

 

 

まとめ

 

ということで今回は

正しい保湿剤の塗り方について

解説させていただきました!

 

まとめると

1、炎症部分には比較的安全なオイルタイプを塗る

2、ステロイドと保湿剤を塗る順番で吸収率が変わる

3、保湿剤はケチらずたっぷりと塗る

4、保湿剤は刷り込まずに伸ばすように塗る

5、朝と夜で1日2回塗る(朝は消毒してから)

 

こんな感じでしょうか!

 

ちなみにお風呂上り早く塗らないと

水分が蒸発してしまうといいますが

あれは最新の研究でデマだとわかったので

ゆっくり塗っても大丈夫ですよ♪

 

 

おすすめの保湿剤は?

 

最後におすすめの保湿剤を紹介させていただきます!

 

記事の中盤でもいいましたがアトピーの炎症が大きい方は

できるだけ安全なオイルタイプのものをおすすめです!

 

オイルタイプのなかでも

私がおすすめするのは馬油やホホバオイル、ワセリンあたりです

 

保湿力で選ぶなら馬油

殺菌能力で選ぶならホホバオイル

圧倒的な安全性で選ぶならワセリン

といったとこでしょうか

 

馬油について詳しい記事はコチラ

馬油はアトピーに効果あり!その様々な効用を解説します!

ホホバオイルについて詳しい記事はコチラ

ホホバオイルはアトピーにおすすめ!アトピーの原因を殺菌する最強のオイル

ワセリンについて詳しい記事はコチラ

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

 

 

それと顔に塗る保湿剤は

圧倒的な保湿力+美白成分が入った

メディプラスゲルをおすすめしています!

 

アトピーにも使えるように徹底的な敏感肌対応と

豪華な成分が入っていながら安価なのが魅力です

 

メディプラスゲルについてはコチラから

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

 

-保湿剤の塗り方
-

執筆者:

関連記事

アトピー肌に保湿剤を使わないのはあり?なし?脱保湿の必要性とは

      ご自分でアトピーを治そうとしたかたなら 一度は保湿剤を使わないほうがいい ということを聞いた事があるかと思います   乾燥肌体質のアトピーに保湿をし …

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

    アトピーの人が使う保湿剤で ワセリンを使用する方は多いかと思います   かくいう私もワセリンにはかなりお世話になりました!   ワセリンは保湿剤の中でも …

保湿剤はアトピーの赤みに効く?アトピーの赤ら顔の治し方

  アトピー特有の顔の赤みに困っていませんか?   アトピーだと猛烈なかゆみや引っか傷のいたみより 顔の乾燥など赤みのほうが地味に辛かったりします   そんな顔の赤みも保湿剤で治っ …

保湿剤を使う前にはパッチテストをしよう!パッチテトのやり方!

  私がこのブログでおすすめしている保湿剤は パラベンフリーだったり、馬油やホホバオイルなどの オイル系の肌に優しいものだったりしますが 人間なににアレルギーを示すかわかりません! &nbs …