保湿剤の塗り方 顔の赤み

保湿剤はアトピーの赤みに効く?アトピーの赤ら顔の治し方

投稿日:2017年3月8日 更新日:

 

アトピー特有の顔の赤みに困っていませんか?

 
アトピーだと猛烈なかゆみや引っか傷のいたみより

顔の乾燥など赤みのほうが地味に辛かったりします

 

そんな顔の赤みも保湿剤で治ってしまえば最高ですが

率直にいってしまうと保湿剤で顔の赤みを治すことは難しいです

 

しかし、顔の赤みを治すのに保湿剤は必須で

あとプロトックや時にステロイドを使用するので

そのような薬が苦手な人には向かないかもしれません

 

これらを踏まえた上で、それでも大丈夫だという人のために

今回はアトピーの顔の赤みを治す方法について解説したいと思います

 

 

アトピーの顔が赤いのはなぜ?

 

 

アトピーの顔の赤みの原因として

考えうるものは2つあります

 

1つはステロイドの副作用の

皮膚萎縮や毛細血管の拡大です

 

長年ステロイドを使い続けていると

だんだんと皮膚が薄くなっていき血管が透けるため

顔が赤くみえるようになってしまいます

 

これに関しては

脱ステロイドをして皮膚が正常に戻るのを待つしかないです

(脱ステに関してはまた後日詳しい記事を書きたいと思います)

 

 

そして2つめの

ステロイドをそこまで塗っていないのに

顔が赤いパターンですが

それは単に炎症を起こしているだけです

 

肌は炎症を起こすとたくさん血流から

栄養素を送って治そうとしますが

顔は皮膚が薄いのでそれが透けて顔が赤くなってしまうのです

 

ですのでこのパターンの赤ら顔の治し方は

まず炎症を抑える!

これが先決になってきます

 

 

保湿剤は炎症部分にぬってはダメ?

 

保湿剤は炎症部分に塗ってはいけない

ということを知っている方は多いと思いますが

赤ら顔に保湿剤を塗っている人も多いと思います

 

というのも炎症の定義とは

私たちが思っているよりも軽く

これも炎症なの?って思ったりもするんですよね

(詳しくはコチラの記事で

保湿剤でアトピーの炎症が悪化した!?保湿剤選びの注意点

 

先ほど言ったとおり赤ら顔も

炎症の一種なので、刺激の強い保湿剤を塗ると

悪化してしまうこともありえます

 

なので炎症している肌には

まずステロイドやプロトピックなどの

抗炎症作用がある薬を塗って炎症を抑えてから

保湿剤を使うようにしましょう!

 

 

プロトピックは顔の赤みにすごい効く!

 

先ほども言ったとおり

赤ら顔を治すにはまず顔の炎症を抑えないといけないのですが

ステロイドとプロトピックの使い分けには

注意をしないといけなかったりします

 

ちなみに顔の赤みを治すには

プロトピックのほうに軍配があり

ステロイドだとそこまで効きません

 

じゃあ、全部プロトッピックでいいじゃん

と思いますがそういうわけにもいかなく

プロトピックはステロイドとちがって副作用が少ないですが

抗炎症作用はステロイドよりなく

また大きい炎症部分意に塗るとかゆみを引き起こす場合があります

 

なので赤ら顔の治し方としては

1、ステロイドで炎症を治す(3~4日間、夜だけに塗る)

2、プロトピックで赤ら顔を治す(1~2週間、朝と夜に塗る)

3、保湿する(肌が生まれ変わる28日間しっかりケアする)

 

このような流れになります

 

ちなみにステロイドとプロトピックを塗る肌の見分け方ですが

触った感じ「ガサガサ」だったらステロイド

「カサカサ」だったらプロトピックという感じです!

 

 

もしプロトピックでかゆみなどの副作用を引き起こすようでしたら

病院でザイザルという薬も一緒に処方してもらいましょう

 

ザイザルは抗ヒスタミン剤で痒みや火照りを抑えてくれる作用があります

 

※またステロイドと違ってプロトピックも病院で処方してもらうしかありません

もらう分量はプロトピック10本、ザイザル1ヶ月分で足りるかと思います

 

 

顔の赤みが治っても油断しない!

http://www.skincare-univ.com/article/000003/より引用

 

肌の保湿は角質層が大半を担っていて角質層とは

 

皮脂膜(油分)2~3%、

天然保湿因子(水分)17~18%、

細胞間脂質(セメント)80%

 

で成り立っていますが

 

炎症が治った直後はこの三つが

すべて0の状態です

 

 

つまり顔の赤みが治ったからといって

まだ肌は正常ではなくしっかりケアをする必要がある

というわけなのです

 

そこでしっかり肌を保湿することで

皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質を

バランスよくしっかり足してあげることが重要なのですが

そうなると保湿剤選びも慎重にしなければなりません

 

そこで私がおすすめしているのは

メディプラスゲル です

 

このメディプラスゲルは

先ほどほどいった角質層で80%を占める細胞間脂質を

十分に補充することができる保湿剤です

 

本来、化粧品で補うとなると高いセラミドですが

必要最低限までに抑えてあるのでかなり安い値段で買うことができます

 

また刺激物も入っていなく

アトピーの敏感肌にも対応してますので

赤ら顔を治したいかたは是非一度試してみてください

 

メディプラスゲルに関して詳しい説明はコチラから

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

 

まとめ

 

ということで今回は

アトピーの顔の赤みの治し方について

解説させていただきました

 

冒頭でも語りましたが

顔の赤みって地味に辛いんですよね

 

私の場合は鼻の周りや口元、目の周りが特に

赤くなり、それを見られるのが嫌で

いつもマスクや伊達メガネをかけてた覚えがあります

 

そんな私も今では

アトピーかとわからないくらいに

綺麗な肌を手に入れることができ

自信を持って町を歩けるようになりました

 

なんでもいいますが

やっぱり見た目って重要だと思います

 

あなたも是非、自分に合った保湿剤を使い

理想の肌を手に入れ自分に自信を持てるようになってください!

 

大げさかもしれませんが人生の見方が

ちょっと変わって見えますよ!

 

 

-保湿剤の塗り方, 顔の赤み
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピー肌に保湿剤を使わないのはあり?なし?脱保湿の必要性とは

      ご自分でアトピーを治そうとしたかたなら 一度は保湿剤を使わないほうがいい ということを聞いた事があるかと思います   乾燥肌体質のアトピーに保湿をし …

アトピーの赤ら顔の原因である脂漏性皮膚炎の治し方!

  さっそく前回の続きで、脂漏性皮膚炎の治し方について 徹底的に解説していきたいと思います!   赤ら顔の治し方でここにたどり着いた方は まず、こっち記事の方法を試してみてダメだっ …

アトピー肌への正しい保湿剤の塗り方は?ほとんどの人が間違えている?

  前回はステロイドの塗り方について 解説させていただきましたが今回は保湿剤です!     私たちが毎日使っている保湿剤ですが 意外と正しい塗り方は知らなかったりしますよ …

アトピーの顔の赤みは脂漏性皮膚炎が原因!?ステロイドでは治らない?

  アトピーの顔の赤みについての記事は 以前にも書いたことがあるのですが (前回の記事はコチラ 保湿剤はアトピーの赤みに効く?アトピーの赤ら顔の治し方)   今回は以前の方法では治 …

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

    アトピーの人が使う保湿剤で ワセリンを使用する方は多いかと思います   かくいう私もワセリンにはかなりお世話になりました!   ワセリンは保湿剤の中でも …