保湿剤の塗り方 ワセリン

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

投稿日:2017年3月4日 更新日:

 

 

アトピーの人が使う保湿剤で

ワセリンを使用する方は多いかと思います

 

かくいう私もワセリンにはかなりお世話になりました!

 

ワセリンは保湿剤の中でも最も安全な塗り薬で有名ですが

使い方を間違えるとまったく効果がなかったり

時には副作用を起こしてしまう場合があります

 

今回はそんなワセリンを使いこなせるように

詳しいワセリンの解説をしていきたいと思います

 

 

ワセリンとは?

 

そもそもワセリンは何でできているというと

実は石油から抽出されたものだったりします

 

え、石油って体に悪そうだけど大丈夫?

 

って思うかもしれませんが

石油の元は大昔の植物プランクトンです

 

つまりは生物由来のオイルで

化学物質ではないので安全です

 

まぁ,石油だとしたら不純物が含まれているので体には悪いんですけど

ワセリンはその不純物を取り除いて精製されたものなので

人体に影響はないのです!

 

 

ワセリンの種類は?

 

ワセリンの種類は全部で

黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイト

この4種類になります

 

黄色ワセリン

 

黄色ワセリンは知らない方も多いかと思いますが

このワセリンはまだ精製技術が拙いころのもので

不純物の取り除きが甘くアレルギーを起こす人がいたので

今は使用されていないワセリンです

 

白色ワセリン

 

白色ワセリンはこの中では一番メジャーでしょうか

擦り傷や火傷、霜焼けひび割れ、乾燥、手荒れ

なんにでも使える万能薬のような塗り薬です

 

困ったらこれ塗っとけばとりあえず安心

みたいな使い方はできます

 

プロペト

 

プロペトは白色ワセリンをさらに

抽出し不純物を取り除いたワセリンです

 

白色ワセリンでかぶれを起こしたり

目の周りなどの皮膚が薄い場所に塗るのが最適です

 

白色ワセリンと同様に保険が適応され

白色ワセリンと同じ値段で買うことができるので

欲しい場合は病院で処方してもらいましょう!

 

サンホワイト

 

サンホワイトはプロペトをさらに純度を高めた

ワセリンのなかでもっとも高価なものです

 

白色ワセリンやプロペトでアレルギーを起こす人は

ほとんどいないのですが

そのような人はサンホワイトを使用することをおすすめします

 

また不純物が少なく酸化しにくいので

紫外線が強い時期などは白色よりこっちのが安全です

 

ただ保険適用外なので市販で買わないければなりません

ちなみに値段は400gのもので3000円くらい

白色ワセリンの2~3倍します

 

 

ワセリンのメリットは?

 

ワセリンの最大の魅力は安全性です

 

先ほども言ったとおり

ワセリンとは石油から抽出されたもので

それ以外のものが一切入っていません

 

つまり余計なものがなくて

アレルギーを起こす可能性がほとんどないんですよね

 

肌の敏感な赤ちゃんにも使うことができ

逆にワセリンが無理だったら他に塗るものがない

というくらいの安全性を誇ります

 

 

ワセリンのデメリットは?

 

デメリットは保湿力は高くないということです

 

というのもワセリンは

肌に薄い膜を張って水分を逃がさないようにしているだけで

保湿成分が入っているわけではないので

他の保湿剤と比べると保湿力は見劣りします

 

またオイル性が高いということで

汗腺を塞いでしまう可能性もあり

汗のかきやすい夏に使うと熱がこもってしまいます

 

 

ワセリンの正しい使い方

 

 

ワセリンはオイルタイプの塗り薬で

水分を抑えるために使うものなので

使う前には霧吹きをしたり、お風呂上りに使うなどして

しっかり肌に水分を含んだ状態でその上から使うようにしましょう!

 

 

そしてワセリンのもう一つの特徴に

水に溶けにくいというものがありますが

これはメリットにもデメリットにもなったりします

 

それを生かした使い方が

洗濯、皿洗い、料理などの水仕事による手あれの予防です

特に洗剤を使う場合はこのような予防が必須で

アトピーのように皮膚が弱いと界面活性剤ですぐに手が荒れてしまいます

 

 

逆にデメリットになる場合は全身に塗る場合です

 

水に溶けにくいのでしっかり落としておかないと

ワセリンにくっついたアレルゲンの上からまた

保湿剤を塗ることになり炎症を起こしてしまう可能性もあります

 

 

まとめ

 

ということで今回はワセリンの

詳しい解説をさせていただきました

 

このように安心安全なワセリンですが

様々な種類や用途があったりします

 

そのときどきにあった

使い方や物を選ぶようにしましょう!

 

 

私がアトピーのかたにおすすめする保湿剤はコチラから

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

-保湿剤の塗り方, ワセリン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピーにはヒルドイドとワセリンどっちがおすすめ?比較してみた

  今回はヒルドイドとワセリンの比較です!   ヒルドイドとワセリンは どちらも保険が適用されていて 皮膚科にいくと処方される確立が高い保湿剤です   それゆえどちらを使 …

アトピー肌に保湿剤を使わないのはあり?なし?脱保湿の必要性とは

      ご自分でアトピーを治そうとしたかたなら 一度は保湿剤を使わないほうがいい ということを聞いた事があるかと思います   乾燥肌体質のアトピーに保湿をし …

アトピーには馬油とワセリンはどっちがいい?比較してみた

  今回は馬油とワセリンの比較です!   馬油とワセリンは同じオイルの保湿剤で かなり共通点も多いので違いを 詳しく解説していきたいと思います!   もし、今アトピーで …

アトピーにはワセリンと尿素どっちがいい?比較してみた

  今回の比較はワセリンと尿素です   ワセリンと尿素はどちらも処方剤で 病院で処方されることがある保湿剤ですが どちらを使えばいいか迷ったことがある方も多いかと思います &nbs …

ワセリンでアトピーが悪化した!?ワセリンの安全性とは?

  ワセリンを使ってアトピーが悪化したことはありませんか?   ワセリンは保湿成分が入っていないので 保湿力はありませんが、その分アレルギーを起こす心配もなく 保湿剤の中でもトップ …