おすすめの保湿剤 処方剤

アトピーの人が病院で処方される保湿剤の解説!

投稿日:2017年3月1日 更新日:

 

 

 

アトピーだと食事や洗剤など

肌を守るためになにからなにまで天然の「いいもの」

を使わないといけなかったりします

 

 

そのため毎月の出費も馬鹿にならなかったりしますよね

 

 

せめて毎日塗る保湿剤くらいは

保険適用のものを使って安く済ませたいものです!

 

しかし、病院で処方される保湿剤は

知識がないと結構危なかったりするものもあるのです

 

 

ということで今回は病院で処方される保湿剤について

詳しい解説をしていきたいと思います

 

ほんとは病院側がもっと説明するべきだと思うんですが

いかんせん皮膚科には薬の説明もしない適当な先生が多いので困りものです

 

 

病院で処方される保湿剤は全部で3種類しかない!?

 

実は病院で処方される保湿剤って

3種類しかないんですよね

 

1、ワセリン(プロペト)

2、ヘパリン類似物質(ヒルドイドなど)

3、尿素(ケラチナミンなど)

 

この3つしかないのですが

それでは一つ一つみていきましょう

 

 

1、ワセリン

 

ワセリンとは石油を高い純度で精製した保湿剤です

特徴としてとにかく安全ということが上げられます

 

普通のクリームなどの保湿剤は

保湿力を高めるために何種類も成分を配合させるのですが

ワセリンなどのオイル類はせいぜい1~2種類の成分しか入っていません

 

そのためアレルギーを起こすこともほとんどなく

赤ちゃんにも安心して使用できます

 

 

欠点を言えば保湿力はそこまでないということです

 

というのもワセリンは皮膚に膜をはって水分を

逃げないようにするだけで

水分自体を与えるものではないので

他の保湿剤と比べると保湿する力はないです

 

ちなみにプロペトとは白色ワセリンをさらに純度を高めたもので

顔に塗るのとしたらこっちのほうがいいかと思います

 

ワセリンについて詳しい説明はコチラから

アトピーの保湿剤にワセリンはあり?ワセリンの正しい使い方

 

 

2、ヘパリン類似物質

 

ぺパリン類似物質とはその名のとおり

ヘパリンに似ている物質のことです

 

詳しく説明すると長くなるので割愛しますが

ヘパリンとは人間の臓器で作られる保湿成分です

 

主な保湿剤は

ヒルドイドビーソフテンなどです

 

 

ヘパリン類似物質の特徴は

医薬品なので浸透しやすく保湿力が高いことです

 

(市販の保湿剤とは薬事法で肌の表面の角質層まで

しか浸透しないようにできています)

 

 

なのでワセリンより高い保湿力をほこり

またベタベタした使用感もなく使いやすいです

 

ただ高い浸透力とは良いことだけではなく

その分アレルギー反応も起こしやすくなります

 

その上、ヘパリン類似物質には

血行促進作用もあり、かゆみを引き起こす可能性もあります

(※お風呂上りに血行がよくなるとかゆくなるのと同じ原理です)

 

そのため、炎症がある部分や

顔などの皮膚が薄い部分に塗ることは向いてなかったりもします

 

 

(余談ですが私もこれをよく出されていて

ある日、アレルギー反応を起こし本で調べたのですが

副作用を起こしやすいとのことなのでびっくりしました

 

その医師は内服薬のステロイドの副作用さえ

なんの説明もなしに処方していたのでほんとに腹が立ちました)

 

ヒルドイドに関して詳しい説明はコチラから

ヒルドイドはアトピーにおすすめの保湿剤?使い方や副作用の解説

 

 

3、尿素

 

 

尿素とは人間や動物の中に含まれるので

この名前が付きました

 

主な保湿剤として

ケラチナミンウレパールパスタロンなどがあります

 

この尿素はヘパリン類似物質より

保湿力はありませんし

また刺激も強くしみる可能性も高く

正直アトピーには向いてません

 

なので病院でこの尿素を処方されることは

ほとんどないかと思われます

 

 

まとめ

 

ということで今回は

病院で処方される保湿剤について

解説させていただきました

 

よく処方されておすすめできるのは

ワセリンとヘパリン類似物質ですが

炎症が起きているときはワセリン

治りかけのときはヘパリン類似物質と

使い分けができるかといいと思います

 

ただあくまでも保険適用のもので安く済ませようとした場合なので

市販のものでアトピーにもっと適しているものはあります

 

特に顔に塗る場合はワセリンもヘパリン類似物質も微妙なので

顔だけは市販のものを使ったりして節約するのも言いかと思います

 

ちなみに市販の保湿剤でわたしがおすすめするのは

メディプラスゲルです

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

 

 

-おすすめの保湿剤, 処方剤
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保湿剤でアトピーの炎症が悪化した!?保湿剤選びの注意点

    保湿剤でアトピーが悪化する ということはしばしばあります   なので中には脱保湿を 進める皮膚科も増えてきましたが 保湿をしないということはとても危険です &nb …

アトピーの人が顔に塗る保湿剤を選ぶときのポイントは?

    アトピーの保湿剤ってどうしたらいいかわからないですよね   私も最初の頃はわけもわからず保湿剤を付け かぶれたり傷口にしみたりした覚えがあります   そ …

アトピーで馬油を使うならキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレがおすすめ!

  前回に馬油のアトピーに対しての効果を 解説させていただきました   今回はそれを踏まえた上で 私がアトピーの方におすすめしている馬油の キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレを …

アトピーにおすすめの保湿剤は?乾燥肌を治して自信をつけよう!

      アトピーの保湿剤で悩んでいませんか?   アトピーに至るまでの原因は 腸内環境の悪化だったり、遺伝的な要因だったり 生活習慣や環境だったり、ストレス …

ビーソフテンはアトピーにおすすめの保湿剤?使い方や副作用の解説

    病院で処方される保湿剤である ビーソフテンをご存知でしょうか?   前回の記事でヒルドイドは 合わない人も多いというお話をしましたが もし、ヒルドイドがだめだった …