皮膚の仕組み

アトピー肌を保湿するにはセラミドが必要なわけとは?

投稿日:2017年2月24日 更新日:

photo by anrentuku.com

 

 

ではさっそく前回の続きから書かせていただきます!

(前回の記事はコチラから

 

 

前回の内容を簡単にまとめると

アトピーに至るまでの原因は一人一人違えど

全員に共通するのは乾燥肌だということ

 

そして乾燥肌は皮膚の角質層が壊れ

皮膚バリア障害が起きてしまっている状態だということ

 

その角質層を治すには

皮脂膜(油)、天然保湿因子(水分)、細胞間脂質(セメント)を

バランスよく取ることでしたね

 

では今回はこの続きでセラミドについてと

どうすればアトピー肌を治すことができるか

ということを解説して生きたと思います!

 

 

 

セラミドってなに?

http://pripri.suhada21.net/030/post_30.html より引用

 

いきなり出てきてなんのことかわからない

と言うかたもいらっしゃると思うので説明させていただきます!

 

前回、角質層は皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質

で成り立っているといいましたが

セラミドとは細胞間脂質の50%を占める成分です

 

簡単に言ってしまえば

肌に水分を保持する働きをするセメント

のようなものだと思ってください

 

 

図のとおりセラミドが保湿力の80%を占めていて

実は水分(天然保湿因子)よりも大切なものだったりもします

 

http://www.eclairer.com/blog/2014/09/01/seramido-taisha/より引用

 

 

 

そんな肌には欠かせないセラミドですが

なんとアトピーの方は普通の人の半分程度しかない

ということがわかっています

 

またその中でも3割の人は

遺伝的に自分でセラミドを作ることができません

 

(私もそうだったのですが

この3割の方は幼い頃からアトピーの方に多いです)

 

このようなセラミド不足に陥ると

乾燥肌になり皮膚バリアも壊れ

様々なアレルゲンが進入し皮膚が炎症を起こしてしまうのです

 

 

セラミド不足に保湿剤は無駄?

 

 

お風呂から出てすぐに保湿したけれど

結局、時間がたてばすぐに元のカサカサ肌

なんて経験ありませんか?

 

これはセラミド不足の典型的な例で

いくら保湿剤を塗っても

水分をせき止めるセメント(セラミド)がないと

すぐに肌の水分は蒸発してしまうのです

 

焼け石に水、というと

少し意味は違いますが

イメージではそんな感じです!

 

 

そしてなにより

セラミドとは赤ちゃんをピークにどんどん減少していき

30代には最初の半分になってしまいます

 

 

30代から肌トラブルが起きると言われているのもそのためで

さらにアトピーの方とはもともとセラミドが少ないので

ほうっておくとかなり危険な状態になります

 

なので実はとるべきものは

ヒアルロン酸やコラーゲンよりセラミドだった

というわけなのです

 

 

セラミド不足は手相でわかる?

 

実はセラミド不足とは手相でもわかります

 

これは私の手ですが、親指の付け根の部分に

縦の線がたくさん入っているのが確認できるでしょうか?

 

 

これがセラミド不足の手相だと言われています

 

一度、ご自身の手も見てみて欲しいのですが

おそらくアトピーのかたは全員こうなっているかと思います

 

 

 

この図だと一番左が普通の人で

右の三つがセラミド不足の手相です

 

よくみると私は一番右のアミアミの手相なので

相当セラミドが不足していることがわかりますね

 

 

結局、アトピーはセラミドで完治するの?

 

結論からいうと

 

これは人によるかと思います

 

 

というのも先ほど

アトピーの中でも3割は自分でセラミドを作れない人がいて

そのような人はセラミドを摂取することで

アトピーが治ってしまう方も多いかと思います

 

ただ、アトピーとはこのような遺伝的な要因だけではなく

たとえば、腸内環境が悪かったり、冷え性で血行不順だったり

めちゃくちゃアレルギー体質だったり、生活習慣や環境が悪かったりなどと

原因になりうるものとはたくさんあるのです

 

 

もちろん、これらが複合的に重なり合って

アトピーになっている可能性もあり

一つの治療法でアトピーが完治する人と

まったく効果がない人がいるのはそのためです

 

これがアトピー治療の難しいところで

一つの方法ばかりやっていてはダメで

多角的な対処をしなければいけないんですよね

 

 

しかし、そのような人たちがセラミドを

とっても効果がないと言うとそんなことは決してありません

 

なぜならアトピーのかたは、みな乾燥肌だからです

 

そこに至る原因はひとりひとり違えど

全員、乾燥肌には変わりないので

乾燥肌対策にセラミドを取ることは

アトピーのかた共通に効果があることなのです

 

そのためにも保湿剤は

セラミド入りのものを選ぶ必要があるのですが

それを書くとまた長くなってしまうので

次回に解説させていただきたいと思います

 

(追記:書けました!

アトピーの人のためのセラミド入り保湿剤の選び方)

 

 

-皮膚の仕組み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピーの痒みの原因である黄色ブドウ球菌について知ろう!

  今回はアトピーを治すために アトピーの痒みの原因である 黄色ブドウ球菌というもの解説しようと思います!   黄色ブドウ球菌なんて知らない方も多いかと思いますが 最新の研究でアト …

アトピー肌を治すために知っておきたい4つの保湿成分とは?

    アトピーは現代では難病と言われていて 原因になっていることも一人一人違う と言われています   しかし、そんなアトピーにも共通することはあって それはアトピーの人 …

アトピーの人がコラーゲンやヒアルロン酸よりセラミドをとるべきわけとは

  アトピーの乾燥肌を治そうと コラーゲンやヒアルロン酸を取ろうとする方は多いですが 実はそれらの成分の前にセラミドを取らなければ 意味がなかったりします!   まだ、セラミドはコ …

セラミド不足は手相でわかる!?セラミド不足の簡単な見分け方!

  当ブログでもアトピーの方に おすすめしているセラミドですが 自分にセラミドが足りているか 調べる方法があるのをご存知でしたか?   その方法とはタイトルにもあるとおり手相なので …

アトピーでセラミドを取るならヒト型セラミドの保湿剤にすべきとは?

  セラミドは肌の保湿の大半を担い アトピーの方が最も不足されている成分ですが そんなセラミドにも種類があるのをご存知でしょうか?   特に保湿剤でセラミドを摂取する場合は どのセ …